ログイン名 パスワード
スマホでご覧になるには画像をクリック
:

投稿はこちらから

新着OB山行 アルバム

主要なお知らせ
メルマガはこちらから
(09/10)(閲覧数-39143)
YWVOB会メルマガ 定期刊行 VOL.113 2018年9月号 今月のクイズ 知床半島に生息する鳥類の中で不正解はどれでしょうか?

...続きを読む
OB会報(公開版、会員版)はこちらから
(04/21)(閲覧数-40073)
OB会報第69号を2018年8月19日に発行・発送しました。

...続きを読む
現役時代の山行の写真('71~75が追加されまし...
(07/25)(閲覧数-36917)
年号をクリックする58年59年60年61年62年63年64年65年66年67年68年69年...

...続きを読む

気になる天気


アクセスカウンタ

長期天気図


今日 : 6464
昨日 : 107107107
今週 : 513513513
今月 : 3052305230523052
総計 : 1523193152319315231931523193152319315231931523193
平均 : 375375375

最新のエントリ
  • 浴衣姿の艶や、賑やかさの報国寺と閑散な妙本寺のギャップ(2018/08/29-114)

    2018年の夏は、何しろ世界的にみても超異常ともいえる高温状態が続いている。
    梅雨明けが早く、その後観測ポイントでは40℃を超える日もあった。
    クーラーでなくて自然の涼を求めるために高原地帯へ出かけるのも遠慮しがちになる。
    「暑中お見舞い」から「処暑お見舞い」、更に今は「残暑お見舞い」へと挨拶文が変わるも一向に高温が収まらない。
    そんな中、人出が予想される日曜日を敢えて選び、鎌倉の名刹をデッサンすべく、道具を入れたザック背負って出掛けた。
    それは9時であった。
    鎌倉駅は案の定、ごった返していた。
    学生時代のワンゲル部夏合宿のように、下車後の炎天下歩いたことを思い出しながら、バスには乗らず、ひたすら歩いた。
    でもこの酷暑のなかジョッギングをしている人に出遭い、たいしたものだと感じた。
    ...続きを読む
  • 猛暑でもさすがに涼しかった3193m!−久々に登った北岳(2018/08/28-71)

    ここ最近、再三YWVOB会サイトに掲載された櫛形山だが、初めて登って景色の贅沢さに圧倒された(正しくは裸山から見た西の南アルプス北部連峰、東の富士山の景色です)。 まぁ富士山は横浜の鶴見に住んでいると、週に1回位は拝めることができる(京浜東北線で多摩川渡る時とか、トレッサ横浜の駐車場とか)。ただ南アルプスとなると、最低でも中央自動車道に乗らないと見る機会はまずない。ましてや主脈となると更に困難になる。櫛形山(裸山)はその貴重な景色が見える素晴らしい山だった。
    ...続きを読む
  • 『北アルプス ドローン大縦走』ちょろっと紹介(2018/08/20-157)

    NHKが『北アルプス ドローン大縦走』を昨年(槍ヶ岳〜穂高岳の大キレット)にひき続き、今年は立山を放映していた。
    山好きの皆様も見入ったかと推察している。
    その凄い映像は如何せんNHKオンデマンドにて有料で見るしかない。
    見ていない、ビデオもとっていない人も一部確認できたので、不十分と承知しつつも思い起こして拙い文章で再現したい。
    辿ったコースは、称名滝→池塘地帯→称名廊下→大日岳→雄山→一服剣→前剣→上り専用鎖場;カニのタテバイ→剣岳→下り専用鎖場;カニのヨコバイであったと記憶している。
    ...続きを読む
  • 天下の富士山、三度登るは馬鹿か(2018/07/31-135)

    シニアOB山行で2018年夏に宝永山を33人が登った。
    バスをチャーターし新宿から五合目までスイスイ。
    今年の夏は某所で41.1度を記録するなど超異常気象である。
    そんなとき登山したのだが、幸いにも曇天に恵まれ猛暑を凌げた。
    小生は過去、ひとり登山で3千米を登り、その次は家族を連れて5合目から富士山頂に登った経験があるが、この三度目は寄る年波には勝てないと感じた。
    涼風を感じて頂きたく、冬季に描いた富士山を挿絵としました。
    ...続きを読む
  • 世界不思議発見!?ご存知の方教えて下さい…11期安藤さん(2018/06/28-61)

    YWVOB会の皆さん、日本はワールドカップに盛り上がっていると思いますが、モロッコでも盛り上がっています。モロッコは残念ながら、リーグ敗退ですが皆さん喫茶店で観戦しています。  ところで、今はラマダンが終わり通常に戻っていますが、ラマダンで気が付いたのは太陰暦でした。潮の満ち引き(潮汐)は、月の満ち欠けによってできますが、日本との比較をすると日潮不等という現象(一日で通常、満ち潮が2回、引き潮が2回あり、その差)が違うことがわかりました。日本の日潮不等は、日本海溝があるので、地形の影響が強いのではないかと感じました。大西洋では、これほどの日潮不等は現れていません。この点、何かご存知の方がいれば、教えてもらいたいと思います。
    ...続きを読む
D3ブログのトップへ
最新のエントリ
  • 会員によるフリーFACEBOOK(2016/04/05-652)
    ここをクリックするとfacebookに入れます

    ★【10月29日にYWVOB会の総会が開催され、また同日に行われたHCDでワンゲル企画展を開催しそのアルバムを記載しました。HCD交流会での「みはるかす」斉唱の音頭取りの動画をアップしました。・・10月30日アップロード:親跡さん撮影】
    ★【大峰山・吾妻耶山のOB山行の偵察の画像、動画がご覧になれます・・10月22日アップロード:親跡さん撮影】
D3ブログのトップへ
Powered byXOOPS ◇ Desinged by 横浜国立大学ワンダーフォーゲル部OB会
Copyright(c)2004 All rights reserved.