ログイン名 パスワード
投稿はこちらから

うぇブログ1 - 最新エントリ

最新エントリ
2020/09/07
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: admin (12:00 pm)
OB会報 公開版です どなたでもご覧になれます

(●会員版ページに戻るにはこちらをクリックしてください)



第75号(2020年09月)
第74号(2020年04月)
第73号(2019年12月)
第72号(2019年09月)
第71号(2019年04月)
第70号(2018年12月)
第69号(2018年08月)
第68号(2018年04月)

OB山行集「片雲の風に誘われて」(2017年12月)

第67号(2017年12月)
第66号(2017年09月)
第65号(2017年04月)
第64号(2016年12月)
第63号(2016年09月)
第62号(2016年04月)
第61号(2015年12月)

第60号(2015年09月)
第59号(2015年04月)
第58号(2014年12月)
第57号(2014年09月)
第56号(2014年04月)
第55号(2013年12月)
第54号(2013年09月)
第53号(2013年04月)
第52号(2012年12月)
第51号(2012年09月)

第50号(2012年04月)
第49号(2011年12月)
第48号(2011年09月)
第47号(2011年04月)
第46号(2010年12月)
第45号(2010年09月)
第44号(2010年04月)
第43号(2009年12月)
第42号(2009年09月)
第41号(2009年04月)

第40号(2008年12月)
第39号(2008年09月)
第38号(2008年04月)
第37号(2008年01月)

記念誌50年の歩み(2007年11月)

第36号(2007年07月)
第35号(2007年03月)
第34号(2006年12月)
第33号(2006年09月)
第32号(2006年04月)
第31号(2005年11月)

第30号(2005年09月)
第29号(2005年07月)
第28号(2005年02月)
第27号(2004年09月)
第26号(2004年04月)
第25号(2003年12月)
第24号(2003年08月)
第23号(2003年03月)
第22号(2002年12月)
第21号(2002年09月)

第20号(2002年06月)
第19号(2001年09月)
第18号(2000年12月)
第17号(2000年08月)
第16号(1999年12月)
第15号(1977年06月)
第14号(1976年12月)
第13号(1975年12月)
第12号(1974年03月)
第11号(1973年06月)

第10号(1968年12月)
第09号(1968年07月)
第08号(1967年11月)
第07号(1967年08月)
第06号(1966年11月)
第05号(1966年03月)
第04号(1965年10月)
第03号(1965年05月)
第02号(1964年09月)
第01号(1963年10月)
第00号(1962年09月)

SKYLINE 歴史資料館より
VOL5-1_1962年06月)
VOL4-2_ 1961年04月)
VOL2-2_1959年10月)
VOL2-1_1959年05月)
VOL1-1_1958年05月)
2016/05/22
2014/03/30
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: admin (3:05 pm)




 国土地理院は26日、日本の主な山岳1003のうち、48の山について標高を1メートル高く、39の山を1メートル低く改定すると発表した。人工衛星を使った精密な測量データなどを反映した結果、標高の数値を見直すことになったという。
その結果、第3位の奥穂高岳に間ノ岳も並びました。良く見るとOB山行やシニアOB山行でおなじみの山も変更になっています。詳しくはこちらをクリックしてください
2014/03/30
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: admin (2:52 pm)
 国土地理院は26日、日本の主な山岳1003のうち、48の山について標高を1メートル高く、39の山を1メートル低く改定すると発表した。人工衛星を使った精密な測量データなどを反映した結果、標高の数値を見直すことになったという。
北岳に次ぐ第3位の奥穂高岳に並んで間ノ岳が1m標高が高くなり同じく3位になったようです。
詳しくはこちらをクリックしてください
2013/12/28
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: adminn (1:58 pm)

ワンゲル部が創部して55周年を迎えた2013年も大晦日を迎えます。
この1年間、世界、日本、ワンゲル部でも色々なことが起きました。
ワンゲル部とOB会では「HCDではワンゲル部企画展」を開催し、OB会では
「会報のカラー版」がワンゲル大賞としてマイナーなるも今ノミネート
されています。皆様方はどのようにお感じしたでしょうか。
この12月HP閲覧数を12月28日14時現在でグラフ化してみました。
新しい2014年が良い年でありますよう祈念しています。・・・【2013年12月HP閲覧数グラフを見る】 
2013/12/14
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: admin (7:35 am)
<hr>
12月19日シニアOB月例(筑波山)は雨天のため中止になりました。

2014年のOB山行、シニアOB月例の予定が掲載されました


...続きを読む
2013/11/08
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: admin (10:30 am)

10月26日国大のホームカミングデイにワンダーフォーゲル部のこれまでの活動の歴史を映像を使って紹介しました。
懐かしい写真が数々ありますのでホームページを通して公開します。
お楽しみください。



...続きを読む
2013/10/22
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: adminn (8:58 am)
2013年10月は、YWVOB会員にとって何かとスケジュール表にワンゲルの文字が賑わっていますね。
10月8日:8期21人が苗名小屋に集合
10月12日〜14日:苗名小屋の秋行事
10月19日:OB山行【日光白根山登山】
10月25日:YNU-HCDワンゲル企画展の準備
10月26日:OB総会&YNU-HCD
10月27日〜28日:シニアOBの集い
その中のひとつである、OB山行のアルバムを皆様にお届けします。



...続きを読む
2013/08/04
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: adminn (10:09 am)
不順な天気が続いている今年の夏、そろそろ本格的な夏が再び訪れそうです。そんな中「ワンゲル部員総勢14人が二回に分けて夏合宿をする」と聞きつけてOB会が、壮行会を設けました。その内7人が参加してくれました。フレッシュな方々を紹介します。

・・・フレッシュな現役諸兄とは?
2013/01/29
カテゴリ: OB会からのお知らせ : 

執筆者: adminn (9:49 am)
日時: 2013−1−26(土)14:00〜
場所: てくのかわさき 5F
出席者 嘉納、吉野、吉村、金田、鈴木、山川、白須、山下、山口、堀内、笛木、武藤、安武、西田、石垣、白木、親跡、(現役)56期主将・古矢 計18人
1.各委員会報告
〜輒魁淵瓮襯泪)(武藤副委員長)
・総会で収集したアンケート結果を確認し、今後の 活動に活かしてゆく。
・部員番号のほか会員番号を発番するなど検討する。
∋馨屋(榎本委員長)


...続きを読む

(1) 2 3 »

Powered byXOOPS ◇ Desinged by 横浜国立大学ワンダーフォーゲル部OB会
Copyright(c)2004 All rights reserved.