ログイン名 パスワード
お知らせ
3月21日(土)上ノ山周先生最終講義&音楽会&懇親会は1年後に延期
4月25日(土)OB役員会は、新型コロナウイルス感染防止のため中止に
5月16日(土)OB山行 御岳山〜大岳山(1267m)

メルマガの一覧

☆☆☆ YWVOB会メルマガ 定期刊行 VOL.65 2014年9月号 ☆☆☆


恒例の冒頭のクイズです。富士山の登頂最多記録はズバリ何回でしょうか?

 (1)3776回 (2)1673回 (3)2014回


……………………………………………………………………………………………………
1.役員会だより
……………………………………………………………………………………………………
(1)OB山行委員会:山口(18期)

 10月18日のOB山行についてお知らせします。参加希望者は早めに申し込みを
 お願いします。
  ◇次回OB山行の偵察報告
   〔日 程〕 9月6日(土)
   〔行 程〕 横浜3時15発→分倍河原駅5時発
         駒ヶ根黒川平バス停駐車場10時着(菅の台満車のため)
         千畳敷11時→12時浄土乗越(25分)→13時木曽駒岳
         14時25分宝剣岳→15時35分極楽平→16時5分千畳敷
         17時黒川平→17時15分こまくさの湯→23時横浜着
   〔報 告〕 中央道での通行止めにより一部区間で高速を降りたたため予定か
         ら約2時間遅れて現地に到着しました。ここからバス、ロープウ
         ェイと乗り継ぎがあるのでどうなるかと思ってたところ存外に臨
         時運行がこまめに行われていたため千畳敷には1時間遅れ程度で
         到着でました。またこのところの不安定な天気の中にあって奇跡
         というべき晴れ間にも恵まれ、なんとか予定とおりのコース下見
         ができました。
         千畳敷から木曽駒間は大勢の人で賑わっていて何ら問題となる箇
         所はありませんでした。木曽駒では御嶽、乗鞍、槍穂、南アルプ
         ス全山が展望でき富士山も見つけることができました。頂上は平
         らで非常に広いため、ゆっくりと昼食が摂れます。
         木曽駒から宝剣山荘に戻ったら次の百名山の宝剣岳に向います。
         何か所かの鎖を頼りに険しい岩場をよじ登れば5人がやっと立て
         るほどの狭い頂上に到達することができました。
         さらに極楽平へと岩の稜線を縦走してゆきます。ここではさらに
         険しい岩場の連続で緊張感は高まります。昭文社の地図を後で見
         ると、この間の縦走路には「危険」表記があり、誰でも通過でき
         るところではなく、少し踏み外せば深い谷底が口を開けている、
         これまでの山行コースとは危険度のレベルが数段も上にあること
         を実感しました。そのため本番山行はコースの見直しが必要と
         の結論を得ました。その見直し結果として、宝剣岳は宝剣山荘か
         らの往復とする。また険しい岩場には不安がある方やのんびりと
         したい方には別メニューで伊那前岳までの稜線散歩を楽しんでい
         ただこうと思っています。そして浄土乗越で再集結し千畳敷には
         来た道を下ることにします。
         伊那前岳は地図では千畳敷の右手に位置するカール壁を形成する
         ひとつのピークにすぎませんが、現地に来てみるとそこに至る稜
         線を歩いてみたくなること請け合いですのでご期待ください。
         帰りのロープウェイ、バスも臨時便の乗り継ぎが非常にスムース
         で黒部のアルペンルートのように待ち時間にうんざりすることは
         なく駐車場に帰ってくることができました。
         そこからすぐの「こまくさの湯」に立ち寄り夕暮れてから出発し
         深夜の帰宅となりました。天候不順で今年の夏山に行けなかった
         筆者にとっては、これが今年唯一の夏山になりそうですが、3千
         メートル級の風格で充分満足できました。加えてYWVの仲間と
         共に楽しめた良き山行となりました。秋の本番ではどんな景色に
         なっているかそれも楽しみです。(文責 18期 山口)

◇第41回OB山行の参加希望される方は申し込みを早めにお願いします。
   偵察結果一部ルート変更があります。
   中央アルプスの秋をご一緒に楽しみましょう。
   〔日 程〕 10月18日(土)前夜9時頃発(横浜、千葉、東京から出発)
   〔山行地〕 宝剣岳、木曽駒ヶ岳2956m
   〔交 通〕 菅の台バスセンター駐車場に18日9:30までに集合
         .泪ぅー分乗と前夜泊。(配車、宿は一括手配します。)
         亀の井ホテル(甲府南IC1分)泊朝食後7時30分発
         ⊃圭匹ら高速バスで駒ヶ根、菅の台バスセンター付近で前泊
         (こちらの場合、手配は各自でお願いします。)
   〔費 用〕 約1万2千円 (宿泊、ロープウェイ、バス、マイカー費用)
   〔行 程〕 菅の台→(バス)→しらび平→(ロープウェイ)→千畳敷
         千畳敷10:30→12:30木曽駒ヶ岳→14:10宝剣岳
                   または木曽駒ヶ岳→14:10伊那前岳
         →14:50浄土平→15:20千畳敷
         →(ロープウェイ)→しらび平→16:30菅の台バスセンター
         こまくさの湯で入浴後、各出発地まで戻ります。
          歩行時間約4時間 体☆ 技・危☆☆
   〔持ち物〕 雨具、防寒着、昼食、おやつ、懐電、地図、コンパス
   〔申し込み〕山行委員 ・・・宛に次の連絡下さい。
         □マイカー、前泊(1泊朝食付)を希望
         □個別に集合地に到着
         □マイカー提供可能
         人数把握のためできるだけ早めの申し込みをお願いします。
         出発地は参加者が確定後個別にメールでお知らせします。
  〔9月7日申し込み状況〕
         2期、6期、8期、15期2名、17期3名、18期、34期2名
         (男性8名、女性3名、マイカー提供5台)


(2)山小屋委員会:榎本(12期)

 8月のお盆週間の小屋行事には、8月9日(土)10日(日)には、15期
萩生田さんが10数年振りで小屋へ一人で入りました。生憎の天気でしたが
OB活動再開のきっかけになったようです。8月12日(火)〜15日(金)
間に、現役の夏合宿の流れで北海道から自転車で南下して現役畑さんが小屋入り、
30期笹倉車同乗で現役百合野さん、尾崎さんと新OB54期谷口さん、
同軍司さん(バイク)、笹倉さんの計6人、14日(木)〜16日(土)には
18期福田夫妻&同岡田夫妻、15日(金)16(土)に29期松本さん、
 16日17日に8期佐木さん、榎本が小屋入りしました。天気は生憎の曇り、
週末の土日は雨模様で小屋整備はあまりできませんでした。この、9月6日、
7日の土日に現役組が笹倉さん、松本さんと小屋入りして、壁の防腐剤塗り等
実施してもらいました。

 ◆今後の予定
  10月秋の小屋行事(きのこ狩り、山行他) 11日(土)〜13日(月)
  11月小屋締め 8日(土)、9日(日)

  小屋入りを検討されているかたは、下記の伝助に記入して下さい。よろしく

      http://densuke.biz/・・・

(3)編集委員会:石垣(20期)

次の会報は第57号で今月9月20日に発行・発送を予定しています。
本号はOB総会(10月25日)の開催案内や同時に開催するワンゲル
企画展の案内を掲載します。また、役員会報告など通常の記事以外に
以下のような盛り沢山の投稿を頂きました。いずれも力作です。
OB会員の皆様、是非ご覧下さい。

・6月14日に他界されたYWV第二代部長の田中先生の追悼文
  「田中先生のご逝去を悼む」
・自由投稿の3本立て
  ・第14回5期の会 懇親会便り
  ・ヒマラヤ・トレッキング紀行
  ・HCD・友の逝去・同期会

編集委員会では会報に掲載する原稿や写真などを常時募集しています。
山行記、旅行記、写真、スケッチなど作品のジャンルや種類は問いま
せん。ノンフィクションだけでなく、小説も勿論OKです。皆様の作品を
お待ちしています。作品の投稿宛先は編集委員会 石垣まで。
メールアドレス:・・・


(4)HP委員会:吉村(3期)

 新着記事から

 2014/08/13-128
 ワンゲル同期二人(65歳)の「奥穂高岳から槍ヶ岳縦走:北上走破記録
 http://ywv50.sakura.ne.jp/xoops/modules/d3blog/details.php?bid=112


(5)部史編纂委員会:白木(21期)

 昨年、部史編纂委員長を拝命しました21期白木です。
 現在部史編纂委員会では 部室にあった貴重でかつ膨大な写真・文書と、OBの方
 からいただいたデジタル写真をWEB上で公開すべく、作業の段取りを検討して
 おります。
 今後広報活動と合わせ、皆さんにも今後資料の充実とお手伝いをお願いしたく
 (ファイルのやりとりで自宅でできる簡単な作業を目指してます)。
 是非、ご期待とご協力の程よろしくお願いします。

 ※現在のYWV歴史資料館は以下のURLから入れます。
 会員専用のサイトへはログインから「期」「(現役当時の)氏名」を入力して
 いただき「送信」すると、パスワードのメールが届きます(OB会名簿にメール
 アドレスを登録している方のみ)

 ※歴史資料館のトップページはこちらから
  http://www.ywvrekishikan.sakura.ne.jp/


(6)総務委員会:総務委員会:山川(12期)

〜躄餔篤
  近々お手元に届くOB会報に総会案内を掲載しますが、下記要領となること
を先にお知らせします。

日時:10月25日(土)10:00〜10:30(例年通りホームカミングデーと同日開催)
場所:横浜国大 常盤台キャンパス 経済学部講義棟1号館 102教室
議案:活動報告、決算報告、予算案審議、新入会員承認等
(本年は総会を30分で終了し、企画展一般参加者の入室も可として、
写真、ビデオによるトーク付き活動報告を行います。)
-----------
総会出欠確認と同時に名簿データに関する確認も行っています。極力YWVOB会
名簿システム(ダイアゴナルキット利用)で繋がり、このシステムで連絡先
情報の更新を行ってください。そうでない人はメールで返信をお願いいたします。

 ▲曄璽爛ミングデー
*昨年同様、総会と同時開催でワンゲル企画展を開催します。
  10月25日(土)10:00〜14:00経済学部講義棟1号館 100教室
(ただし、トーク付き活動報セッションは総会に引き続き102教室で行います。
100教室でも引き続きプロジェクターで写真、ビデオを映します。)
*今年は新しい山の写真も沢山増やす予定です。
 *交流会でワンゲルが音頭をとって〆の「みはるかす」斉唱を行います。昨年は
ワンゲル以外の人達もほぼ全員輪に入りました。今年も盛り上げましょう!

次回役員会のお知らせ
  日時:10月4日(土)13:00〜16:30
  場所:ミューザ川崎
  役員以外の方もYWVOB会会員であればどなたも出席できますので気楽
にお越しください。


(7)会計幹事:吉野(2期)

 9月20日発行予定のOB会報第57号に同封いたします払込取扱票は、2015年度の
 OB会費等をお振込いただく用紙です。ゆうちょ銀行の各店舗窓口・ATMから
 お振込みください。払込手数料は、窓口130円、ATM 80円です。

 ・年 会 費: 2,000円(14年10月から15年9月までの2015年度の年会費)
 (払込取扱票に「〇〇年度までの会費は納入済みです」という表示がある人は
  納入不要です)
 ・前納会費:10,000円(2015年度〜2020年度の6年間の年会費前納分)
 ・寄付金:(一般、小屋)どちらかを○で囲んで
 ・最新名簿代金:500円(郵送希望者のみ)

 払込取扱票を紛失した場合は、ゆうちょ銀行で用紙をもらい、下記口座番号
 と加入者名を記入してお振込ください。
  口座番号:・・・
  加入者名:横浜国立大学ワンダーフォーゲルOB会

 ★他の金融機関からの振込み
 他の金融機関(銀行等)からも振り込むことができます。詳しくは
 OB会報第57号をご参照ください。


……………………………………………………………………………………………………
2.編集後記
……………………………………………………………………………………………………
 クイズの回答は(2)1673回です
 静岡県沼津市の登山家、実川欣伸(じつかわよしのぶ)さん(71)が
 7月16日、富士山の登頂記録を1673回に伸ばした。登山案内などで
 荷を背負う「強力(ごうりき)」の梶房吉さん(1900〜67)が
 1672回登ったとされる、これまでの最多記録を塗り替えたそうです。

 木村(23期)

……………………………………………………………………………………………………
・YWVOB会 HP: http://ywvob.com 会員画面につきましては、ログイン
 ID,PWが必要になります。
・本メルマガの配信が不要な方、名簿の変更、山小屋ML、妙高四大学ML参加希望
 等がありましたら、下記の総務委員会メールアドレスへ連絡をお願いします。
  mailto: ・・・

・発行責任者:鈴木(9期)
・編集責任者:YWVOB会 総務委員会
……………………………………………………………………………………………………
プリンタ出力用画面
友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byXOOPS ◇ Desinged by 横浜国立大学ワンダーフォーゲル部OB会
Copyright(c)2004 All rights reserved.