ログイン名 パスワード
会員投稿閲覧ランキング

D3ブログ - 山小屋関連カテゴリのエントリ


コロナは全国で緊急事態解除ですが、まだ気が抜けませんね。 今朝(5月26日)、小屋へ行ってきました。 もう雪はありません。新緑がまぶしいです。 一応、小屋全面の雪囲いや玄関のスノーダンプを仕舞いました。


....続きを読む。


コロナで厳しい状況が続いていますね。 大変な対応をされている方には、どうぞご自愛されよろしくお願いいたします。 今朝(4/28)、小屋へ行ってきました。 今冬は雪が少なかったので、ほとんど解けていると思って行ってみたのですが、残っている雪は昨年よりも多いくらいです。(1枚写真添付)

....続きを読む。

2020第3回雪下ろし 13期竹村さん

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
admin 2020-4-4 22:54

2020年第3回山小屋雪下ろし(3/20−22)に行ってきました。メンバーは安藤(11)、榎本(12)、小口(14)、梅田(28)と竹村(13)でした。 初日は雪、2日目は快晴、三日目は雨でした。写真の山小屋の通り、雪下ろしは不要でした。小口さんの 提案で、2日目は三田原山に登流ことになりました。スキ−3名、スノーシュー2名で7時出発し、14時 の時点で退却するということ計画を立て、林道経由で登山しましたが、 梅田さんだけが、 山頂に 立つことができました。

....続きを読む。


今シーズンは年末まで全国的に降雪がほとんどなく、各スキー場は皆困っている状態でした。杉ノ原スキー 場も1月1日に何とかオープンしたもののゴンドラと第三リフトだけの運用でスタートしたようです。その状況 の中、41 期石川さんが久しぶりの雪の小屋へ、親子で1 月2 日、3 日に小屋入りしました ・・・『会報第74号(2020年04月)』

14期の小口です。 今回、同期の鈴木道夫くんと雪下ろしに行ってきましたので報告しておきます。                               12日土曜日、8:00ゴンドラ乗り場集合、予定通り出発。小屋までの道は問題なく、9時前には小屋着。                                小屋周りで積雪2m弱です。まだ一度も屋根雪落下の様子はありませんでした。                                                                                                                                                    

....続きを読む。

苗名小屋、営々と引き継がれる伝統行事

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
admin 2018-11-5 11:05

小口さんが3日の昼頃に長野から駆け付けてくれ、
小屋閉めの伝統行事「雉汲み」の指導をして頂き、
無事次世代に伝授すべく雉供養を果たした。
供養碑が落葉松の枝と化すも大した問題ではない。
ワンゲルの伝統行事の一つを粛々と後輩に伝授す
ることが肝要であり、お神楽などの民俗芸能と似
たように引き継いでゆくことが、大袈裟に言えば、
苗名小屋の永久保存に繋がるのである。

....続きを読む。


苗名小屋建設50周年記念行事(2018年10月6日〜10月8日)に参加した。
10月7日には妙高山への記念山行が行なわれ、苗名小屋からの山頂ピストンに同行させて頂いた。
当初計画は山頂から赤倉温泉に下る予定だったが、あいにく台風25号がドンピシャで日本海を通過中のため、前日に安全を考えピストン山行に変更された。
当日は早朝5時にヘッデン着けて小屋を出発、台風一過でお山は晴天、参加者のテンションも自然に上がっているようだった。

....続きを読む。

GW 、苗名小屋開きに現役7人が参加

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
adminn 2018-5-12 9:52

ワンゲル部、現役も大分大所帯になりつつあるようです。
クラブ所有の苗名小屋、50周年を今年迎え、秋には記念行事を開催すべく準備をしています。そんな中、現役が担い手になって、恒例の小屋開きをGW中にしました。その写真を34期笹倉さんが送ってきたので、公開します。

....続きを読む。

感動した! 冬の苗名小屋突撃レポート

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
admin 2018-3-5 20:46

2月10日7時20分、JR鶴見駅西口で27期池野さんと待ち合わせをする。30ℓのザックに前週Amazonで購入したスノーシューをくくりつけた。前週は不覚にもインフルエンザに罹ったが、何とか苗名小屋行きには間に合った。池野さんの60ℓのザックは結構パンパンになっている。私が行けなかったので、買い出し(酒・酒・酒…、つまみ・つまみ・つまみ…)を一身に背負ってもらったせいだ。すみません…。  

....続きを読む。



14期の小口さんがお盆休みに苗名小屋に入られた方々を代表して報告をしてくれました。
白木HP委員長が編集して頂いた新規記事を掲載できる寸前までに来ていたのに、8月31日にパソコンがクラッシュしたそうで掲載できなくなったようです。
従って、HP委員の鈴木が白木さんに代わって掲載をしました。

 

....続きを読む。

苗名小屋黄金時代

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
adminn 2017-7-6 8:50


 苗名小屋日誌、期間2007/4/28〜2012/3/26の電子化完了しました。
 この時期は、小屋の大改造、小屋40周年記念行事等があって、たくさんの人が小屋を訪れました。文字だけの日誌では、読むのが大変だろうと思い、その時の写真を入れることにしました。
 鈴木会長から、ワンゲルOB会のホームページのアルバム、山小屋の中に、たくさんの写真があることを教えてもらい、この中から該当する写真を選んで添付しました。
 40周年の小屋行事の時は、亡くなられた岡田究さんに何から何までお世話になりました。また、8期の池原さんはホルン演奏団を率いて駆けつけて来られました。
 こうしてみると小屋日誌は、貴重な記録ですね。

11期安藤記
 

....続きを読む。


★3月18日(土)〜20日(月)に第三回雪下ろしを実施しました。参加者は、11期安藤さん、14期鈴木さん、16期植松さん、12期榎本の60代中後半の4人でした。植松さんは、卒業以来の冬小屋だそうですが、数年前からスキーに加えスノボーも楽しまれているとのこと、先週も上越に行って来た現役?で心強いOBです!鈴木さんも久しぶりの冬小屋でした。・・・・・特に前の2回の雪下ろしで落雪した排雪が不十分でした北面、東面北側はまだ屋根に多量の積雪が残っている状態でした。ストーブ作戦は不要で、北面、東面を中心に排雪作業を開始し、初日は6時頃まで実施。前回に落雪した雪塊の滑った面が厚さ数センチの氷の壁となっており、スコップでは簡単には割れず結構大変でした。翌19日(日)は午前8時過ぎから作業開始、午後2時過ぎに鈴木さんが下山する頃までには、4面の軒の縁切り、4本の柱掘りは一通り終わり、かなり疲れましたが16時までの時間制限で、梯子を出して造林小屋の雪下ろしにも、3人で着手しました。50%ほどの雪下ろしでしたが、屋根のてっぺんが見える程度は落としました。なお、玄関の軒は、今年の雪でかなり破損し、小屋本体から外れた状態となってしまいました。今後は、よほどの大雪でない限り、このままの状態で残雪が融雪しても軒が引きずられることは 無いと判断し、翌20日(月)は朝食後、下山準備をし9時過ぎに小屋を後にしました。林道に出たところで、京大の下山中パーティに会い、この連休に三田原経由で入ったそうで、三田原の雪の状態はあまり快適では無かったとのこと、また京大も今回は現役は来なかったそうです。 ・・・・皆体力が持たないとの意見の一致を見たしだいです! ・・・★

....続きを読む。


★ 60代のOB4人、小屋入りしました。14期鈴木さんが10時, 11期安藤さん、16期植松さん、12期榎本の3人は13時半頃小屋入り、北面、東面は半端ない残雪です。取り敢えず初日は6時まで作業しました。  4面の軒の縁切り、柱堀りは一応終わりました。鈴木さん14時過ぎに下山しました。造林小屋も50%位ですがやりました。3人とも疲労困憊です(12期榎本記)。★

....続きを読む。


★妙高高原に位置するYWV部(OB会含む)所有の山小屋『苗名小屋』は時には4m超えの豪雪によくも50年間も耐えてきている。山小屋に滞在すると、何か記録を残したい気持ちに駆られるものだ。その貴重な記録がジメジメした小屋に積み残されてきていた。それを見てなのか分からないが、6期菅谷さんが一念発起、電子化作業に挑戦。その後、幾人かが継続したものの暫く電子化作業は休眠状態になってしまった。それが昨年、34期小野さんが27号を、今年、11期安藤さんが28号を電子化作業をしてくれました。寂しいとき、嬉しいとき、沈思したく入山したとき、家族や友人を連れて自慢しに来たとき、小屋日記に書き認めてきてくれているようです。そんな貴重な記録を、会員の皆様、以下[..続きを読む]をクリックし、PWとIDを入れて、是非お読みください。★

....続きを読む。



★年末年始は雪が少なかったのですが、ここにきてドカドカ降っています。

榎本山小屋委員長(12期)1月13日(金)〜15日(日)
安藤さん(11期)1月13日、14日
小口(14期)1月14日、15日

・・・・・(全文は下段の『続きを読む』にお進みください・・・・・

今回は新雪に振り回された雪下ろしでした。
次回はもっと締まった雪になるでしょうが、2月11日(土)、12日(日)を予定しています。ご参加をお願いいたします。
・・・14期小口さんから報告を受けました。・・・★

....続きを読む。



★雉とは★
『桃太郎』、『長柄の人柱』など日本の民話に登場し、日本の野鳥として比較的知名度が高い。
「ケーン」と鳴く。「けんもほろろ」という言葉は、この鳴き声に由来している。
また、「頭隠して尻隠さず」ということわざは、草むらに隠れたつもりになったキジの様子に由来している。
きしめんの語源には諸説あるものの、キジ肉を平打ちの麺の具にして藩主に献上したから、という説がある。
なお、「雉丼」という料理に使われているのは鶏肉である。
★隠語の意味をここでは敢えて掲載しないのでウィッキペディアを参照ください。★

....続きを読む。



★フランスの聖地巡礼(600KM)をひと月掛けて奥様と歩かれた11期安藤さんが、10月7日に成田に着き、翌朝7時過ぎに二子多摩川付近にて12期榎本さんの車にピックアップされ、井荻駅付近にて8時鈴木をピックアップ。
29期松本さんはひとり運転、9日未明3時頃小屋前の駐車場にて仮眠。
14期小口さんは長野からひとり運転され、6時に小屋に入った。
これで役者5人が勢ぞろいした。

小屋の外は雨が時には強く屋根を叩き、時にはしとしとと降っている。
8日、小屋の中は12℃と温度計が示していた。それでも何となく寒く感じたので、豆炭を炬燵に入れ、石油ストーブを点けて、暖をとった。
9日、妙高登山時の昼食時には箸を掴めないくらい手指がかじかんだそうな。
10日、帰る時は吐く息が白かったので多分7℃以下であったろう。★

....続きを読む。

山小屋だより 第2回雪下ろし報告

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
toukou 2016-2-22 22:02
 [...] 今朝は少し雪降りでした。下に降りて、みんなで五八木荘に寄ったら、出かけようとしていた究さんの奥様と会えました。五八木荘は予定どおり3月のはじめから取り壊しになるとのことです。 [...](14期小口記)

....続きを読む。


★...小口さんと村山さんと3人で、造林小屋も含めて雪下ろしは終了しました。2人は3時過ぎに下山しました。...12期榎本 記★

....続きを読む。


★...こんな状況では、旅館業は昨年から止めていますが、現在の五八木荘をこのまま維持管理するのは難しいため、来年3月以降に基礎は残して、取り壊す予定とのことでした。また。まだ決めてはいないそうですが、基礎はしっかりしているので、その上に小さい建屋の建築を検討しているそうです...34期親跡 記★

....続きを読む。


★10月山小屋報告・・・・・・小口(14期)さんから・・・・・・・ 秋小屋を楽しみに、小屋整備に、と集まりました。10月9日(金)〜松本さん(29期)、榎本OB小屋委員長(12期)、10日(土)〜竹村さん(13期)、佐久間さん(46期)、三井さん(46期)と娘さん、友人のご家族4名、11日(日)のみ小口(14期)です。 小屋整備 ・空のプロパンガスボンベを池田興産に搬入。11月7日に池田興産が届けてくれる。その際、器具の点検・確認 ・小屋の防腐剤塗り ・造林小屋の玄関庇の補強 ・造林小屋内部の清掃 ・小屋及び造林小屋の不要物の整理 など ★

....続きを読む。


★8月7日に上ノ山先生から一通の手紙が届いた。「破れ物注意」とある。中を開けて見ると、今回の参加者全員宛にCDが送られて来たのである。・・・・・・・・★参加者:上ノ山YWV部長先生、上ノ山先生のご子息、津國さん(横浜工業会)、9期鈴木、12期山川さん、14期小口さん、鈴木の高校同級生:内藤さん、平井さん ★7月28日:苗名小屋5:00起床=(林道)=笹ヶ峰駐車場−火打山登山口7:00−黒沢出合−富士見平−11:45高谷池(昼食)−高谷池見晴らしポイント−下山-火打山登山口17:00−苗名の湯<小口さん、津國さん帰路>−小屋・・・7月29日:苗名小屋5:00起床−<上ノ山Gは苗名の滝を見て帰路>、<鈴木Gは、乙見湖−苗名の滝−いもり池−帰路>

....続きを読む。




☆★新緑のなえな小屋です。5月30日(土)〜31日(日)、榎本OB小屋委員長(12期)と小口(14期)の2人ですが、小屋開け、山菜採りと音楽祭に行ってきました。5月連休時に井戸から小屋へ水の開通や雪囲いを外してもらっていましたが、正式な小屋開けをしました。小屋周りは雪が解けてまだあまり日が経っていない様子で、下草はまだわずかです。造林小屋にも風を入れました。結局、今回は山菜採りはほとんどしませんでした。
31日は笹ヶ峰の京大ヒュッテの野外で第14回妙高笹ヶ峰音楽祭が行われました。京都大学、武庫川女子大学、横浜国立大学、早稲田大学4大学ヒュッテ音楽祭実行委員会が主催です。何とか天気にも恵まれ、快いときを過ごすことができました。
また、そのあとの懇親パーティにも参加し、おいしい料理をいただきました。なえな小屋から京大ヒュッテまでは行き帰り歩きました。まだ道のわきの林には雪が残っていて、お猿さんがいたり、花が咲き、山々には残雪が映え、とにかくまぶしい新緑でした。なお、小屋井戸の水位は1mくらいです。トイレにはハエはいません。また、小屋に、日本酒はたくさんあります。食用油がありません。
山小屋をご利用ください。
★☆

....続きを読む。




☆★今年は、小屋周りは例年より残雪が多いようです。★冬を乗り越え、山小屋も健在、造林小屋はだいぶ損傷がありますが、倒壊は免れています。★本日5月3日、現役、笹倉さん、松本さんにより、井戸から小屋への水が開通しました。井戸掘り、配管ジョイント掘り、サイホンによる通水などご苦労をかけました。★多いとはいえ小屋周りの雪も減って、雪囲いを外せば春小屋です。水芭蕉も咲き始めています。小屋の周りの桜も満開です。こんなに桜があるとは気が付いていませんでした。蕗の薹もたっぷりです。★5月2日〜4日、榎本さん(12期)、松本さん(29期、現役同乗)、笹倉さん(30期、現役同乗)、後藤さん(39期)一家4名、新人を含む現役8名、5月3日〜4日、細谷さん(39期)とお子さんたちで計5名、5月3日、日帰りで小口(14期)
が小屋入りです。★なお、4月29日〜5月1日、萩生田さん(15期)が小屋入りし、4月30日に三田原に登ったようです。(小屋日記より)★★細谷さんの一番下のお子さん(赤ん坊)は2ヶ月とのこと。小屋入り(泊)最年少ではないでしょうか。★榎本さんと小口は、5月3日、三田原に登ってきました。(7時小屋発、12時山頂、14時15分小屋戻り)★ ★39期後藤さんと、30期笹倉さんからの写真を追記しました。★☆

....続きを読む。


『「山小屋だより」山小屋の雪下ろしに行ってきましたので、現況を報告いたします。・・・久々の大雪です。・・・妙高笹ヶ峰(標高1310m地点)の観測データによると、2月22日17:00現在、積雪深422cm、積雪重量1422kg/m2です。・・・21日(土)と22日(日)、次のメンバーで雪下ろし(雪堀り)に行ってきました。12期榎本さん、18期山口さん、39期後藤さん、龍之介くん、46期肥塚さん、梨緒さん、佐久間さん、48期相当加藤さん、56期中山さん、57期百合野さん、58期大西さん、福山さん、14期小口・・・とにかく大雪で手こずりました。いくら除雪しても道遠しという感じでした。まだまだ十分ではありませんが、一応今回はここまでです。今日は天気が崩れる予想でしたが、2日とも良い天気で遠くまで見えました。』・・・との速報が届いています。・・2月23日39期後藤さんの報告を追記しました。3月2日46期肥塚さんから写真を送ってくれました。

....続きを読む。


 ワンゲル現役が中心に、3mを超える雪下ろしに、この1月中旬及び下旬にご協力を頂きました。御礼申し上げます・・・・・・・・ご協力頂いた方々は、【1月16〜18日:現役古矢さん56期、畑さん56期、大西さん58期、數井さん58期、坂田さん58期、福山さん58期、五月女さん58期、尾崎さん58期、眞壁さん58期 ・・・・ 1月24〜25日:現役古矢さん56期、聖マリアンヌ大井さんと越後貫さん・・・・ 1月24日:村山さん34期・・・・ 1月25日:三井さん46期、小口さん14期】です。

....続きを読む。




 長野に在住の14期小口さんからの報告をお知らせします。・・・山小屋だより…現況を報告します。年内の大雪です。妙高笹ヶ峰(標高1310m地点)の観測地点のデータによると、12月27日21時30分現在、積雪深272cm、積雪重量598kg/m2です。かなり重くなっています。そのくせ新雪もたっぷりです。

30日の状況 笹倉さんから(写真追加:奮闘をご覧下さい・ご協力をお願い)
小屋の臨時雪下ろし終わりました。今、苗名の湯。年末スキーの現役数名とOBで造林小屋含めて終えましたが、すでに2m以上あり、今後の大雪見込みを含めますと、1月の予定1回ではとても持ちこたえそうにないと思います。苗名小屋の柱のハズレは吹雪の中、後藤さんと櫻井さんが直しました。造林小屋の玄関屋根は屋根板根本がはずれかかっており、雪の重みでひっくりかえり倒壊寸前でしたが、櫻井さんが応急処置をして転倒防止していますが強度的には?です。

笹ヶ峰を含む豪雪地帯の積雪経年変化のグラフと、今冬の積雪状況のグラフを追記しました・・・1月14日

....続きを読む。


10月〜11月はワンゲル行事のオンパレードです。現役とOBとOGはそれぞれのイベントに参加されて楽しまれたかと思います。妙高にある苗名小屋も冬モードにギアチェンジ。11月8日〜9日に小屋の冬支度をするために現役3人とOB3人が入山しました。その報告を14期小口さんが長野から送ってきました。建替もなく46年とはや時は過ぎ、小屋は凛として唐松の妙高高原の一角に聳えています。年末年始から3月頃までは豪雪に耐えている苗名小屋のご機嫌伺いが必要になります。この紙面を借りて『現役・OB/OGの苗名小屋訪問を切に願う』ところです。

....続きを読む。


長野に在住の14期小口さんが、妙高高原にある苗名小屋の様子伺いを報告してくれました。2014年10月1日に燃料プロパンガスボンベの面倒見を、10月12日には、深まる秋を楽しんできたようです。小屋を維持するために「地道な献身を小屋委員長はじめ現役や多くOBたちがあるから」と小口さんはさらりと報告しています。小口さんが撮影した美しいアルバムをお楽しみ下さい。10月18日から30期笹倉さんや現役が小屋に入ります。その報告を追記しました10月29日。

....続きを読む。


今や「異常気象」が「当たり前」となり、「今まで経験したことのない豪雨」が日本全国を襲っている。そんな中、束の間の晴れ間を見定めたかのように、現役生5人を、OBのSさんが車を提供し、小屋の面倒を指弾してくれました。

....続きを読む。


聞くところによると、今年の1年生はさらに部員が増えそうで、部室に入りきれず、部会も週2回に分けてやっているくらいだそうです。早稲田WVのように自転車活動も創設、大学での定期トレーニングも明日から開始(おそらく何十年ぶり?)で非常に活発なようです。当然、山の装備も増やす必要もあるし、自転車班からも要望あるようです。また小屋目的の入部もあるようで小屋までの輸送の確保などOB会としての支援活動も総力戦で必要かもしれませんね。

....続きを読む。


2014年GW後の土日にワンゲル現役12名とOB5名、17名が苗名小屋に集った。それは新人歓迎イベントである。小屋の周りはまだ残雪があって、BBQはその残雪の中で実施。16時ころから開始し、現役は22時頃までBBQを続けたそうな。「苗名の滝」「いもり池」「笹ヶ峰・乙見湖」に出掛け、自然の雄大さを見入って感激したことと思う。現役は未明の2時3時までモノポリーなるゲームをやっていたようだ。今後、現役が妙高行き・苗名小屋に病みつきになることを願うばかりである。

....続きを読む。

2014年GW、苗名小屋に仲間が入山

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
adminn 2014-5-7 7:47

2014年GWの最中にワンゲル仲間が苗名小屋に集った。現役とOBのコラボレーションである。小屋の周りはまだ残雪があって、バーベキューは小屋の土間でやったそうな。GWが明けた5月10日〜11日には、新人歓迎イベントを小屋で行われる。今年入学してワンゲル部に入部する仲間がかなり増えたそうである。サイクリングサークルと兼ねている者が多く、今回も兼部者が自転車を持ち込んで事前準備をした模様です。なお小屋は築後46年目で一部傷んできている。現役・若手OBの面倒見が期待される。

....続きを読む。


14期の小口さんが残雪の苗名小屋を見に行き、即日連絡が入りました。 今年のワンゲル部には新入生が10名以上入部し、今も増えているとか。 その新人歓迎小屋入りの行事を5月10日11日に企画しているそうな。 OBたちも、久しぶりの朗報に接して、それはそれは、もうワクワクです。 そんな中、例年とおり、小口さんが小屋のご機嫌伺いに行ったようです。

....続きを読む。

第二回苗名小屋雪おろし報告

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
adminn 2014-2-25 12:04

OB会小屋委員長12期 榎本です。 関東甲信の大雪で中止しました第二回雪下ろしを、2月21日(金)、22日(土)に急遽、実施いたしました。 参加者は、現役54期齋藤さん、56期中山さん、57期百合野さん、土曜朝一番で小屋入りの8期佐木さん、14期小口さんと榎本の6名です。 急な依頼に応じていただきました現役、OBの皆さん、ありがとうございました。

....続きを読む。


ワンゲル部現役3年生と1年生が1月25日〜26日に小屋に入山してくれた。30期の笹倉さん提供の車で杉野沢スキー場駐車場に着いた。そのほかに12期榎本さん(小屋委員長)や若手OGの肥塚さんも友人を誘って来てくれた。

....続きを読む。


M.S:今日未明から、現役4名を乗せて小屋入りの予定でしたが、第三京浜で故障してしまい、引返しました。予定していた臨時雪下ろしも難しくなりました。車の修理も時間がかかる見込みですので、少なくとも1月は私の車は出せません。・・・2014年1月3日

....続きを読む。

山小屋委員会からのお知らせ

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
admin 2013-12-18 18:30


現役12名が苗名小屋にこの年末年始に入山する朗報を前のブログにて紹介しました。雪降しは単純な筋肉労働ではありますが、小屋をこよなく愛して面倒を看てあげるのも、何か意味がありそうです。

....続きを読む。





2,3年前から徐々にワンゲル部現役部員が増えてきました。2012年には久しぶりにスキー合宿も開催し、夏や秋にも苗名小屋ライフを楽しむ企画に参加するようになってきました。こんな状況下で、この年末年始に現役生が大挙12名が小屋に籠るとの計画をしているのを知りましたので紹介します。

....続きを読む。




現役のワンゲル部員、OBも初めて入る方も交えかなりの人たちが入山してきたと。小屋近くに小熊が出没したとの報告もあり、これから小屋に入る仲間は、時期にもよりますが、「熊よけスプレー」や「鈴」などを持参して林道からの小径を歩かなければならないでしょう。昨年には小屋の南側に猿の群れが横切ったとの報告もあり、地球温暖化の影響が出ているのかも知れません。
・・・【熊が木に登ろうとしている証拠写真】などを見る



8月12日は、高知県四万十で41℃.。。

史上最高温度だそうだ。その時期の苗名小屋は23度と涼しい。ただ湿度は85%〜90%だったけれど。虻か藪蚊か分からぬが、バーベキュー時にS氏は6か所刺され、今も痒くてかゆくて・・。今回の入山目的は何だったのか。8月18日後期部隊の活動を追記。

・・・その目的と成果を見るには、ここをクリックして下さい

新緑の苗名小屋便り

カテゴリ : 
山小屋関連
執筆 : 
admin 2013-6-2 22:10


6月1日土曜日、2日日曜日、小屋開けと山菜採り、小屋整備、京大ヒュッテ野外コンサートなどが行われました。
参加者は、OB8名、OB友人1名、現役4年2名、聖マリ1名の計12人でした。(コンサートは別)
山小屋の周りの雪はすっかり融けていました。
小屋整備の方は、主に小屋内外の整理でした。
山菜採りは、ワラビや根曲がり竹などを採って、下準備をしているうちに、もう食べよう飲もうということになり、5時前から始めて、おいしくいただきまし

....続きを読む。


★2013年1月14日は、例年よりも早く関東地方に大雪が降り、雪に弱い大都会を震え上がらせてしまいました。そんな中、妙高高原にある苗名小屋へ、OB二人が入山した。この年末年始に10人もの現役を含むワンゲル現役及びOBが露払いならぬ雪払いに入った後を引き継いで、OB二人は雪下ろしに、知恵を出して、精を出してくれました。その時の写真とメモをお知らせします。
★HPへの掲載順序が逆になりましたが、「年末年始小屋入り」の記事を追加しました(34期・親跡さんが編集担当)。

・・・二度目の雪降ろしの記事を読む

・・・年末年始小屋入りの記事を読む
Powered byXOOPS ◇ Desinged by 横浜国立大学ワンダーフォーゲル部OB会
Copyright(c)2004 All rights reserved.