ログイン名 パスワード
お知らせ
3月21日(土)上ノ山周先生最終講義&音楽会&懇親会は1年後に延期
4月25日(土)OB役員会は、新型コロナウイルス感染防止のため中止に
5月16日(土)OB山行 御岳山〜大岳山(1267m)

会員投稿

D3ブログ - 紀行(海外)などカテゴリのエントリ

8月になりモロッコの協力隊隊員たちと、モロッコ最高峰トゥブカル山に行った。40年前に登ったが、今回は当時とどう変わったか確かめることが登山の1つの目的になった。3泊4日余裕を持った日程で行動した。6人とガイド1人、料理人兼荷物運搬(ミュール2頭)2人の9人のグループ。料金は、イムリルを出発して帰るまでの、2泊3日食事付きで1人1200DH (15000円)。他にイムリルまでの交通費往復110DH (1300円)イムリル宿代220DH(2600円)その他合わせて1800DH(22000円)ぐらいの登山ツアー費用であった。



....続きを読む。

定年退職の時、教員最後の離任式の挨拶で、生徒に向かって、「定年後は今までできなかった世界の山旅をしようと思 っています。いつまでも私の健康の続く限りチャレンジし続け、未知との遭遇を楽しもうと思っています。まずはアフリ カ大陸最高峰のキリマンジェロ、そしてヨーロッパ最高峰モンブランを目指して頑張るつもり。

....続きを読む。

モロッコの砂漠への旅は、日本からのモロッコツアーにほとんど組み入れられているようだが、この地帯の道路は15年前に比べて格段に良くなっているため、ツアーに組みやすくなったのだろう。ツーアーはバス移動がほとんどで、アトラス越えかミデルト経由で砂漠コースは2泊3日がかかる。しかし、最近ワルザザートやラシディアに空路で入ることもできるようになり、選択肢が増えてきた。 砂漠で夕日を見るためにラクダに乗っていくのが、魅力になっている。

....続きを読む。

マラケシュからイミンタヌートとジベル・イグードを周る旅をしました。イミンタヌートには、国道N8の路肩の崖にモロッコでは1番多い数の恐竜の足跡があり、石垣さんらの長年の研究成果が論文になり、このたくさんある足跡がどう繋がっているのか分析されています。論文の写真は、縮小されて余り迫力がありませんが実際の足跡は、相当に凹凸があって大きなものでした。

....続きを読む。

カタールドーハ滞在中にタンザニアキリマンジャロ(マラングルート,通称コカコーラルート)に登ってきましたので報告します。

....続きを読む。


30余年教職に携わり、めでたく定年退職まで勤め終わって、さあ余生は山と旅の人生だとずっと思っていた。
運命の残酷さ、共に山人生を歩もうと巡り合った最愛の二人の伴侶は山の彼方に昇天しぽつねんと独りで、山人生を歩むことになった。

まだ、私の家族の誰も訪れたことのない、ヒマラヤ、神々の山に会いにいくチャンスがこんなにも早く訪れるとは思わなかった。                                                                                         

....続きを読む。


11期安藤です。モロッコの動物園の話題です。モロッコのナショナルサッカーチームの愛称は、アトラスのライオンです。北アフリカの森に大型のライオンがいたのですが、今は動物園にしかいません。入り口の石像は、いかにも逞しいのですが本物は年老いて迫力がいまいちでした。この動物園は、自然動物園で檻の中にいる動物を見るのと違って、のびのびして動きがあるので見ていて飽きさせません。

....続きを読む。


青年海外協力隊の石垣忍さんが書いた「モロッコの恐竜」を読んでから、モロッコには恐竜の足跡があるのだと思っていたが、モロッコに来てぜひこの本に出ている場所に行ってみたいと思い、今回の旅行となった。
1983 年の当時に比べると格段に道路事情がよくなり、簡単に行けるようになった。
この本にアイトブラル村の足跡の話が出てくるが、これは道が舗装された今でも、きれいに残っていた。

....続きを読む。


2月も終わりに近づき、ここエルジャジダ(北緯33度14分)は、暖かくなって野原には菜の花が一面に咲いている。日本で同じ緯度の佐賀県と比べると、大西洋に面してアフリカ大陸の西の端モロッコは、やはり暖かい。今回は、これまで食べた魚を話題として取り上げてみる。 エルジャジダのフランス系スーパーマーケット“カルフール”には魚売り場があるが、日本と違うのは、切り身ではなく魚そのものが置いてある。特大の魚は、必要なだけ切ってもらうが、普通の魚は、鱗を取ってから内臓を取ってもらう。これで塩焼きにするのが一番簡単で旨い。  

....続きを読む。


結婚して45年が過ぎようとする中、女房孝行と称して2010年から料金の安い時期・冬に欧州を旅しています。今回は現地宿泊11日、毎日1万5千歩〜2万歩、便利な交通機関を極力使わずじっくり見ました。★2010年:ベネチア→トリエステ→ベローナ→ボローニア→ベネチア。★2011年:パリ→ロワール河沿い古城巡り→モンサンミッシェル→パリ。★2012年:ベルリン⇔ワルシャワ。★2013年:フランクフルト→ハイデルベルグ→ニュルンベルグ→ミュンヘン⇔ブタペスト。★2014年:ミュンヘン→フッセン→チューリンゲン→ヘッチンゲン→ゲーゲンバッハ→ウルム→ミュンヘン。★2015年:マドリッド→セゴビア→グラナダ→バルセロナ。★2016年:ミュンヘン→マドリッド→トレド。★2017年:マドリッド→ブルゴス→サラマンカ→アヴィラ→エルエスコリル→マドリッド。★2018年:ローマ→フィレンチェ→ヴァチカン→ローマ;ハドリアヌスの別荘、ヴァチカンに圧倒され、オペラとバレエを2日続けてローマ・オペラ座で、又オペレッタをフィレンチェのヴェルディ劇場で鑑賞し女房が満足したことが特記できます。

....続きを読む。


12月2日に川崎フロンターレがJ1優勝した事には、大変感激しました。来年はインターネットでJ1の試合が見られるDAZNに挑戦してみようかと思っています。 さて私の方は、モロッコに来て、2か月半経ちましたが、首都のラバトで1か月過ごした後、エルジャジダに来ました。ここは、北緯33度ぐらいに位置してますが、大西洋に面しているので気温はそれほど下がらず、温暖な気候です。モロッコはイスラム国で、町の商店ではアルコール、豚肉を売っていません。しかし、フランスのスーパーマーケットがあって、アルコールと豚肉ハムを売っています。魚がいろいろ種類があって、鯛、鮭、鱒、エビ、イカ、時にマグロがあり、刺身でも食べています。 モロッコ料理のタジンは、街のあちこちで小さいタジン鍋で売られています。これは良く煮込んであり、旨い料理です。金曜日には、昼にクスクスが食べられます。また、野菜が豊富にあります。観光スポットは、いろいろあるので旅行するには良い国です。添付でエルジャジダの様子を報告します。  

....続きを読む。



★歩くことが好きな年金生活の老夫婦が8年連続して欧州への旅を続けているようです。
世界情勢が混沌とする中、今年はスペインに行ってきたとか。
予めオペラのチケットを購入し、マドリッド→ブルゴス→サラマランカ→アヴィラ→エル・エスコリアル→マドリッドと、列車で移動したとのこと。
すべて晴れで、唯一の例外は、城壁の美しいアヴィラで天気が急変、翌朝は雪が薄く積もっていたとのこと、お蔭で翌日の列車の旅で雪山を愛でることができたようです。
マドリッドでは偶然にもアルゼンチン大統領夫妻がカルロス祇い竜念碑に献花をされる場面に遭遇し、1時間ほど待ち続け、ホテルに戻ってテレビを見て初めて大統領夫妻であることを知ったとのこと。★

....続きを読む。



★巡礼の旅31日間をまとめました。巡礼路の地図を使って、宿泊場所を特定しました為、A4を横に使いました。うまくホームページにアップできるでしょうか。
巡礼の費用は、パリまでの飛行機がエールフランスで往復15万、滞在費はすべて合わせて1人30万円弱で1日当たり1万円でした。
大体四国のお遍路の費用と同じでした。
Gitzという巡礼宿を使えば安くなりますが、今回は主に民宿に泊まりました。
9月の巡礼者は、9割ほどが退職者でした。
フランスでは“ランドネ”(日本でもこの雑誌がありました)という自然の中で道を歩くハイキングが盛んで、全国に道が整備されています。
ルピュイからのサン・ジャン・ピエ・ド・ポまでの道はGR65(Grand Randonner)になっており、赤と白の標がつけられています。
道ごとに標の色が違います。
巡礼者ばかりではなく、ランドネで歩いているグループもときどき見かけました。
今回の旅では、たくさんの人との出会うことができ、楽しい旅でした。★

....続きを読む。

日時:10月31日(土)
OB総会 10:00〜10:30
ホームカミングデー 10:30 〜14:00
(ホームカミングデー、常盤祭(大学祭)と同日開催)
場所:横浜国大 常盤台キャンパス 教育人間科学部7号館 302または304教室
議案:活動報告、決算報告、予算案、会員入退会等現況報告の承認、役員改選等 昨年同様総会を30分で終了し、企画展一般参加者の入室も可として、写真、ビデオによるトーク付き活動報告を行う予定です。)
-

ワンゲルの企画展の概要はこちらから

昨年の総会、企画展、交流会の模様

 


 


「2013年度OB総会議事録」及び「2012年度OB総会時アンケートしたものに担当委員長がコメントを付したもの」を、2012年11月6日にアップしました。
画像(34期・親跡氏撮影)は、以下をクリックしてください。
●総会・HCDの模様PDF版の記事 (9期・鈴木氏)
●画像はこちらから
●スライドショーはこちらから
●円陣を組んで学生歌「みはるかす」斉唱と「エール」交換(30期・笹倉氏撮影)



8月4日、現役夏合宿壮行会を催しました。会長、幹事長の大幹部を欠いていましたたが、OBは数でカバーし、結局今年もOBの方が多いという結果になりました。
参加されたOB諸兄ご苦労さまでした。

参加者

....続きを読む。

現役夏合宿壮行会に現役7人参加

カテゴリ : 
紀行(海外)など
執筆 : 
admin 2013-8-4 10:10


不順な天気が続いている今年の夏、そろそろ本格的な夏が再び訪れそうです。そんな中「ワンゲル部員総勢14人が二回に分けて夏合宿をする」と聞きつけてOB会が、壮行会を設けました。その内7人が参加してくれました。フレッシュな方々を紹介します。

・・・フレッシュな現役諸兄とは?


現役夏合宿壮行会に現役7人参加

カテゴリ : 
紀行(海外)など
執筆 : 
admin 2013-8-4 10:10

不順な天気が続いている今年の夏、そろそろ本格的な夏が再び訪れそうです。そんな中「ワンゲル部員総勢14人が二回に分けて夏合宿をする」と聞きつけてOB会が、壮行会を設けました。その内7人が参加してくれました。フレッシュな方々を紹介します。

・・・フレッシュな現役諸兄とは?

日時: 2013−1−26(土)14:00〜
場所: てくのかわさき 5F
出席者 嘉納、吉野、吉村、金田、鈴木、山川、白須、山下、山口、堀内、笛木、武藤、安武、西田、石垣、白木、親跡、(現役)56期主将・古矢 計18人
1.各委員会報告
〜輒魁淵瓮襯泪)(武藤副委員長)
・総会で収集したアンケート結果を確認し、今後の 活動に活かしてゆく。
・部員番号のほか会員番号を発番するなど検討する。
∋馨屋(榎本委員長)
---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---

雪多く別途検討
J埆検β茖毅街
・全16ページで計画
・(報告)役員会、山行、シニア、期別、現役
・4/7発行、3/1原稿締め
せ街圈併蓋委員長)
・1/19筑波山(23人、晴天、アイゼン山行となる)
・次回5/18丹沢山の予定(マイクロバス使用予定)
(次々回・10/19日光白根山の予定)
ゥ曄璽爛據璽検糞搬式儖長、鈴木副委員長、金田部史編纂委員)
・2013活動計画・実績をアップ(OB会、シニアOB会)
個別活動(筑波山行、金沢動物園周辺ハイキングなど)
・60年からの公式ワンダリング写真アップ ワンダリング写真があれば金田さんに送付
ι史編纂(嘉納委員長)
・11/17,12/8資料館講習会(PHP)
会長、吉村さん、白木さん(今後の担い手)以下多数参加
・60周年に向けて「部史60周年史料集」整理する(提案)
HPから写真投稿できる仕組みを構築したい
Р餬廖糞般邁餬彜柑)
・送付先基準は当面変更しない
・会費納入は予算超過(人数、金額とも)で順調
┯縮鬚らの報告(56期、古矢主将)
・山小屋スキー合宿(9人と多数参加)
・来年3月、屋久島ワン予定
その他
・鈴木会長提案(次回HCD実行委員長)
・3〜4月HCD実行委員会立ち上げ予定
・コンセプト:クラブ、現役+OBの切り口で推進
地域貢献など織り込んでゆく (参考)早稲田HCD約38回
・新OB会員加入(会長提案)
・現役入部時にOB会加入までサイン?(次回総会討議)
・ダイアゴナルキット説明(山川さん)
・(法人 月1000円、名簿2000円、管理者200円/人)
富丘会加入済。セキュリティー、更新上も有利。 OB会での活用を検討
次回役員会
日時: 4月13日(土) 14:00〜 場所: てくのかわさき(武蔵溝ノ口)
日時: 2013−1−26(土)14:00〜
場所: てくのかわさき 5F
出席者 嘉納、吉野、吉村、金田、鈴木、山川、白須、山下、山口、堀内、笛木、武藤、安武、西田、石垣、白木、親跡、(現役)56期主将・古矢 計18人
1.各委員会報告
〜輒魁淵瓮襯泪)(武藤副委員長)
・総会で収集したアンケート結果を確認し、今後の 活動に活かしてゆく。
・部員番号のほか会員番号を発番するなど検討する。
∋馨屋(榎本委員長)

....続きを読む。



2012年10月8日に米国ピッツバーグで開催されたMS&T 12で行われたバンケットにおいて、ワンゲル2期の米屋横浜国大名誉教授が米国セラミック学会からJohn Jeppson Awardを受賞しました。
---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---

John Jeppson Awardは、セラミックスに関する顕著な学術的、工学的業績をあげた研究者に毎年1名だけ贈られる名誉あるものです。
今回は、米屋名誉教授が長年携わってきた窒化ケイ素や窒化アルミニウムセラミックスをはじめとする各種先進セラミックスの研究開発に対して、その業績が認められて表彰されました。日本人としては3人目の受賞です。
横浜国大の公式ウェブでそのニュースを見る
「2013年度OB総会議事録」及び「2012年度OB総会時アンケートしたものに担当委員長がコメントを付したもの」を、2012年11月6日にアップしました。
画像(34期・親跡氏撮影)は、以下をクリックしてください。
●総会・HCDの模様PDF版の記事 (9期・鈴木氏)
●画像はこちらから
●スライドショーはこちらから
●円陣を組んで学生歌「みはるかす」斉唱と「エール」交換(30期・笹倉氏撮影)

2013年度OB会費納入のお願い 

カテゴリ : 
紀行(海外)など
執筆 : 
admin 2012-10-20 16:20
9月1日発行のOB会報第51号に、2013年度のOB会費等をお振込いただく払込取扱票を同封しした。すでに多くの方から払込みいただきましたが、まだ未納の方もたくさんおられます。

....続きを読む。

2013年度OB会費納入のお願い 

カテゴリ : 
紀行(海外)など
執筆 : 
admin 2012-10-20 8:50
9月1日発行のOB会報第51号に、2013年度のOB会費等をお振込いただく払込取扱票を同封しした。すでに多くの方から払込みいただきましたが、まだ未納の方もたくさんおられます。

....続きを読む。

Powered byXOOPS ◇ Desinged by 横浜国立大学ワンダーフォーゲル部OB会
Copyright(c)2004 All rights reserved.